電柱詩人 on Hatena_Blog 

たとえ人が私を見て 「醜い」と眉を顰めたとしても 私はそこに立ち続ける

ノベルアップ+の「令和元年台風19号 被害支援プロジェクト」に参加しています。

株式会社ホビージャパンが運営する小説投稿サイト「ノベルアッププラス」で開催されている「令和元年台風19号 被害支援プロジェクト」に

真田大石」「あの電車に乗って、あの橋を越えて当ブログから転載した作品)」にて参加いたしております。

このプロジェクトは、

期間中に公式タグ「届け、言葉の力PJ」を設定したすべての投稿作品に対し、 「応援コメント」「応援スタンプ」「応援レビュー」によって付与された 「ノベラポイント1ポイントにつき1円」を、 ホビージャパンより日本赤十字社が募る「令和元年台風第19号災害義援金」に全額寄付する

というものです。

 

※【ノベラポイント】とは  ノベルアップ+のショップで購入できる「有料のポイント」です。

 無料の【応援ポイント】とは別のものとなります。

 

このプロジェクトには、拙作「真田大石」「あの電車に乗って、あの橋を越えて」以外にも、沢山の作品が参加をしております。

 

どうか、みなさんの力を貸してください。

よろしくお願いいたします。

あの電車に乗って、あの橋を越えて

別所線千曲川橋梁 2006/04/10

 

いつものように出かけよう

仕事をしに

食事をしに

買い物をしに

楽しんでよろこんで笑おう

 

いつものように帰ろう

我が家に

実家に

故郷に

楽しんで喜んで笑おう

 

 

あの橋がまた架かったら

いつものように出かけよう

いつものように帰ろう

 

賑町笑劇場>>別所線

異世界転生

古い原稿用紙

この世をば
仮寓かりやとぞ思ふ

手の内の
言の葉にこそ
われみける

 

賑町笑劇場>>古い原稿用紙

追記というか、推敲というか……。

 

 

この世こそ
仮寓とぞ思ふ
手の内の
言の葉にこそ
吾は棲みけり


この世をば
仮寓とぞ思へ
手の中の
言葉の内なむ
吾の棲みける



うーん。

いなずまのなみ

f:id:ohimesama:20181217150545j:plain

今、誰かの声が

私の体をすり抜けて

誰かのところへ向かって行った

 

うれしい、かなしい

たのしい、さみしい

ありがとう、ごめんね

こんにちは、さようなら

 

さっき、誰かの言葉が

私の体を通り抜けて

誰かのところへ届けられた

 

 

 

3.8cm

f:id:ohimesama:20181001202539j:plain

遠い昔に
私から千切れていったお前は
私を見つめたまま
後ずさりに遠離って行く

 

声も聞こえない彼方まで
去ってしまったというのに
お前はそんなそぶりも見せずに
じっとこちらを見ている

 

私がいくら声をかけても手を伸ばしても
お前には届かないと判っていて
お前は
うつむいたり
顔を覆ったり
まぶたを閉じたり
自分の法で動くことを止めない

 

お前が私を見つめたまま
後ずさりに遠離って行くのを
私もじっと見ていることを
お前は知っているだろうか

 

遠い昔の私自身よ

 

Photo by 賑町笑劇場

電柱詩人にご投票頂ける場合は↓こちらのバナーから

月は平均して1年あたり3.8cmの速さで地球から遠ざかっている。

月. (2018, August 27). In Wikipedia. Retrieved 22:27, August 27, 2018, from
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%88&oldid=69733478

アルファポリス 第11回エッセイ・ブログ大賞にエントリーしております。

アルファポリスさん主催の「第11回エッセイ・ブログ大賞」に、
このブログでエントリーいたしました。


開催期間は1ヶ月間。
開催期間中は読者投票、アクセス数などにより、ポイントが集計されます。

ポイント数により
「大賞」(賞金10万円/アルファポリス編集部選考)、「読者賞」(賞金10万円/ポイント最上位作)などが選出され、
受賞作は出版化・商品化の可能性があります。


なお、投票のためには無料のユーザー登録が必要ですが
投票したユーザの中から抽選でアルファポリスさんが賞金をプレゼントして下さいます。

ユーザーには3票分の投票権があり、
それぞれを別のコンテンツに投じることができます。



電柱詩人にご投票頂ける場合は↓こちらのバナーから投票フォームへ



アクセス頂き、ポチット一票をお願い致します。